蓄積される中性脂肪|日本人が大好きな白米やパン

腹部とメジャー

出産後の減量方法

女性

妊娠をしている間は胎児に栄養を与えるために、いつもよりもたくさんご飯を食べますが、適度に量を調節したり食べ物に気を使わないと産後に肥満になる確率が高くなります。出産後は骨盤の位置が動いたり、育児でストレスが溜まってつい食べ過ぎたりして太り始める女性がたくさんいるのです。よく、芸能人が出産を終えた後に元通りのプロポーションになって復帰していますが、一般の女性でも意識すれば産後ダイエットに成功します。ポイントとしては、産後ダイエットを開始する時期をなるべく早めることです。何事も早めの行動が良い結果をもたらすので、産後ダイエットを始めるなら一ヶ月検診を受けた後に、医師からの指示に従って本格的に減量を進めると良いでしょう。子供に手がかからなくなってからダイエットを始めても、定着した脂肪はなかなか落とせないものです。

産後ダイエットは、普通の人が行なうダイエットとは一味違います。普通は食事改善とともに有酸素運動や筋トレを行ないますが、産後に激しいダイエットをすると体調が悪化する恐れがあり、育児に追われて運動の時間が取れない場合もあります。そこで産後ダイエットでは、ずれた骨盤を元に戻す簡単な運動と、腰ベルトを使って体に負担をことなく内蔵の位置を戻すことを意識しましょう。これなら育児や家事をしていても簡単に続けられるので、自然に元の体型に戻っているでしょう。育児中は毎日子どもと一緒にいるので自由がきかずに精神的にも疲れてくるはずですが、子どもと遊ぶ時間を利用しながら運動をすると、楽しみながら産後ダイエットができます。